2017年07月23日

第31回 可愛すぎる子供達と一緒に英語を学ぼう!「親バカゲームミュージアム」親子とあんx5

今回は久しぶりのゲスト回!私がレギュラーメンバーとして参加しているポッドキャスト番組「おさロボ話」(おっさんがロボットの話をする番組~こちらミュージアム地下研究所~)のコロさんと可愛らしい娘ちゃん2人をゲストに迎え、英単語の発音練習、英語の歌、ポケモンの名前比べなどして遊びました〜。
この2人の娘ちゃん達に心溶けてしまった方、コロさん自身の番組「親バカゲームミュージアム」も是非聴いてみてください。
リンクはこちら:http://oyabaka-game.seesaa.net または
https://itunes.apple.com/jp/podcast/親バカゲームミュージアム/id1109756505?mt=2

いつも通りお便り、コメント、トークしてほしいテーマ、質問などなど、なんでも大歓迎!お待ちしております!
メールはannx5bilingualpodcast@gmail.com、
Twitterはhttps://twitter.com/annx5bp、#あんx5でのつぶやき、よろしくお願いします!
posted by かんな・あん・あんだーそん at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

Ep. 19 of あんx5ミニ!お仕事がこの後すぐ!ということでちょっと短めに&Audiobooksの話

皆様から頂いた沢山の#あんx5コメントを読むお便りコーナー「あんx5ミニ!」第十九弾。当分追いつきそうにないのでしばらくは日曜日にいつもの「あんx5」と、水曜日にお便り回の「あんx5ミニ!」で週2回更新するつもりです。
これからも皆様からの質問にどんどんお答えしていきたいので、いつでもお便り、コメント、トークしてほしいテーマ、質問などなど、なんでも大歓迎!お待ちしております!
メールはannx5bilingualpodcast@gmail.com、
Twitterはhttps://twitter.com/annx5bp、#あんx5でのつぶやき、よろしくお願いします!
posted by かんな・あん・あんだーそん at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

第30回「Let’s Break It Down - 英語の歌詞を解読しよう」4回目 ”Grace” by Laura Story

今回もあの企画、”Let’s Break It Down” の第四弾!あなたの好きな洋楽をかんなが正しく、分かりやすく、和訳します!大好きな英語の曲。メロディーが好き。だけど歌詞がなんとなくしか、もしくは全然分からない。。。そんな曲があったらどしどしお便りで和訳リクエスト受け付け中!というわけで第4回目はあんx5リスナーレジェンドになりつつあるTulsa Timeさんからリクエストいただきました、Laura Story作 ”Grace” (2008 - Great God Who Saves) です!
自然と英語の勉強にもなるこの企画、ぜひ聴いてみてください!
元歌(Laura Storyバージョン)のリンク= https://www.youtube.com/watch?v=sL1DNipyurM
かんなのカバーversionのリンク= https://youtu.be/X90EiPVMZZE
英語の元歌詞(Music and Lyrics by Laura Story)

My heart is so proud. My mind is so unfocused.
I see the things You do through me as great things I have done. 
And now You gently break me, then lovingly You take me 
And hold me as my father and mold me as my maker. 

I ask you: "How many times will you pick me up, 
When I keep on letting you down? 
And each time I will fall short of Your glory, 
How far will forgiveness abound?" 
And You answer: " My child, I love you. 
And as long as you're seeking My face, 
You'll walk in the power of My daily sufficient grace." 

At times I may grow weak and feel a bit discouraged, 
Knowing that someone, somewhere could do a better job. 
For who am I to serve You? I know I don't deserve You. 
And that's the part that burns in my heart and keeps me hanging on. 

I ask you: "How many times will you pick me up, 
When I keep on letting you down? 
And each time I will fall short of Your glory, 
How far will forgiveness abound?" 
And You answer: " My child, I love you. 
And as long as you're seeking My face, 
You'll walk in the power of My daily sufficient grace." 
You are so patient with me, Lord. 

As I walk with You, I'm learning what Your grace really means. 
The price that I could never pay was paid at Calvary. 
So, instead of trying to repay You, I'm learning to simply obey You 
By giving up my life to you For all that You've given to me. 

I ask you: "How many times will you pick me up, 
When I keep on letting you down? 
And each time I will fall short of Your glory, 
How far will forgiveness abound?" 
And You answer: " My child, I love you. 
And as long as you're seeking My face, 
You'll walk in the power of My daily sufficient grace."

かんな作の和訳:
恵み

私の心は高慢で。気持ちはいつも逸れている。 
あなたを通してこそ出来ていることを、我が物顔で誇る。 
そんな私を今、あなたは優しく勇め、 
愛しそうに救い上げ 
父として抱きしめ、創造主として形作ってくださる 

私はあなたに問う。「こんなに何度も失望させてしまっているのに、何度私を救い上げてくださるのですか?」 
あなたの栄光を受けるにはとうてい足りない私は 
いったいどれだけの許しを得る事が出来るのでしょう? 
するとあなたは答える「我が子よ、私は君を愛しているのだよ。 
だから君さえ私を求めていれば、日々私から受ける充分な恵の力により歩くことができる。」 

時に心が弱る時、落ち込むこともある 
自分より、どこかの誰かの方がもっと優秀なことも分かっているから 
だってあなたに仕えられるほどの人間ではない。 
あなたは私にはもったいなくて 
でもその事実がこの胸の中で燃えているから 
頑張り続けることができる 

私はあなたに問う。「こんなに何度も失望させてしまっているのに、何度私を救い上げてくださるのですか?」 
あなたの栄光を受けるにはとうてい足りない私は 
いったいどれだけの許しを得る事が出来るのでしょう? 
するとあなたは答える「我が子よ、私は君を愛しているのだよ。 
だから君さえ私を求めていれば、日々私から受ける充分な恵の力により歩くことができる。」 
主よ、あなたはなんと寛大なのでしょう 

あなたと共に歩んでいると、あなたから受ける本当の恵みの意味が分かってくる。 
私にはとうてい支払えない代償はゴルゴダの丘で払われたことも。 
だから返済しようともがくより、ただあなたに従います  
いただいた全てのため、あなたに我が人生を捧げることで 

私はあなたに問う。「こんなに何度も失望させてしまっているのに、何度私を救い上げてくださるのですか?」 
あなたの栄光を受けるにはとうてい足りない私は 
いったいどれだけの許しを得る事が出来るのでしょう? 
するとあなたは答える「我が子よ、私は君を愛しているのだよ。 
だから君さえ私を求めていれば、日々私から受ける充分な恵の力により歩くことができる。」
posted by かんな・あん・あんだーそん at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする